2018年04月21日

宮城県子どものたより場を知る円卓会議2018

4月17日に河北新報社・本社ホールにおいて開催された
「子どものたより場応援プロジェクト・宮城県の子どものたより場を知る円卓会議」に、当団体代表の小川ゆみが、課題提起者として登壇しました。

子育ての悩みを訴える親自身に、貧困や成育環境の問題を抱えるケースがあるといった現場から見えてくる現状をお話ししました。

震災から8年目を迎え、子どもを取り巻く環境も大きく変わり、震災前とも大きく状況が変わってきています。震災由来の影響に留まらず、「子どもの貧困」と呼ばれる状況にありながら、同時に社会的困窮と経済的な貧困との複合的な要素も課題の背景にはあるといわれています。

県内で子どもの貧困や困りごとの解消に取り組む関係者が多く集まる会議において多くの課題を共有し、問題解決への道を探る機会となりました。

posted by MotherWing at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183086498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

    

指定管理施設の詳細は
こちらから


のびすく泉中央